野田市 屋根工事

query_builder 2024/06/21
ブログ
IMG_8410

こんばんわ!

シナジーテクノの河野です!


今回は野田市上花輪にて戸建て屋根カバー工法をさせていただきました。

元々の屋根材はスレート屋根材でコロニアルでした。

苔や汚れ、ヒビ割れなどが目立ち屋根塗装ができないこともなかったですが、屋根カバー工事のメリット、デメリットをしっかりご説明させていただいたうえで

福泉工業さんのシルキーG2

という今流行りのガルバリウム鋼板製の屋根材でカバーさせていただきました。

こちらのシルキーG2は裏面にウレタンフォーム、アルミライナー紙(断熱材)がついており夏場の暑さ、冬場の寒さなどおさえてくれるようになります。


ガルバリウムは金属製なのに軽く、日本瓦の10分の1の軽さで、建物への負担を極力抑え、サビにも強く、塗り替えや葺き替えの心配も少なく今後の補修費用などが押さえられて長い目で見た時に経済的な製品になります。


表面にちぢみ塗装が施されており、さらっとしたイメージに加え柄が入るのでおしゃれな仕上がりになります。


今回使わせていただいた一番大事なの防水シートは

常裕パルプ工業(株)さんの

サンライトルーフィング  です。

この製品はアスファルトルーフィングになります。


表面に合成繊維不織布を貼り合わせているので、夏場の油分の染み出しを防いでくれて屋根材が汚れにくくしてくれます。

夏場なんかだと、表面が溶けて足跡だらけになり、見栄えも防水シートとしても強度を衰えさせてしまう物もあるため

お勧めできる製品になります。


例えば、瓦仕上げにしても、スレート(コロニアル)にしても金属屋根にしても屋根材の下には水は流れる構造になっているため、防水シートが一番大事。とも言えると思います。

なんにせよ、表面が溶けないので仕上がります綺麗に仕上がるのでおすすめです。


工事の流れとしては、既存の棟板金を撤去し、屋根の先端部分の板金(軒先、ケ唐草)、ケラバ等板金をつけてから

メインの屋根材を張り上げて、最後仕上げに棟板金を取り付けて工事完了になります。


一つ一つの作業に心を込めて、1日でも長く持つように、日々考えながら、もっともっと技術向上を目指し我々シナジーテクノは頑張って参ります。

1人でも多くのお客様に笑顔をお届けできるよう、相乗効果を第一に活動していきますので、今後ともよろしくお願いいたします。



シナジーテクノでは屋根工事に限らず

野田市を拠点に外壁塗装、雨樋補修から雨樋交換、破風板補修、交換、

水回りトイレ、ユニットバス工事など様々な業務に取り組んでおります。

外装で気になることがありましたらお気軽にお問い合わせください!

IMG_8411
IMG_8412

記事検索

NEW

  • 野田市 屋根工事 カバー工事

    query_builder 2024/07/17
  • 野田市 屋根工事

    query_builder 2024/07/11
  • 野田市 屋根工事

    query_builder 2024/07/03
  • query_builder 2024/07/02
  • 野田市 屋根工事 

    query_builder 2024/06/27

CATEGORY

ARCHIVE